yello-bole... kaywoodie... etc //vintage American pipe collection.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Yello-Bole 3070B
Large cuttyとかLarge dublinとかって書いてあるけど、belgeって事にしておきます。
clay pipeを元にしたようなシェイプ。んーパイプのシェイプってワカンネ。



前傾のボウルがカッコヨスで見た目で買いましたが思った以上に大きくてびっくり。
1マス=1cmありますのでたいだい20cm弱。結構な存在感です。
(ステムの下のは座らなかったのでテープで仮止めしてある跡)



ロゴのアップ。
なにげにさらっと流してますが実は衝撃の事実。

Y-Bのシャンクロゴは二種類あったっ!!
ΩΩΩ<な、なんだってーー!!

今まで紹介してたシャンクロゴのY-Bはコレなんかみてもらえればいいんですが、
自分もシャンクとステムにロゴがあるものだけだ、と思ってたんです。

ところがどっこい、今回のは違います。
シャンクにロゴがあり、しかもロゴの位置もスタンプの真上
ステムにはロゴはなく、イエロードットが打たれてます。白にも見えなくないけど
残念な事にイエロードット。

恐らくこちらの方が初期型なんだと思います。




ステムを外したところ。
ショベルタイプのフィルターでネジ込み式。根元の穴も円形です。
フィルターの穴も挿し込むタイプになると四角く切られてたりするんですがそれはさておき。
そしてフィルターがあまり綺麗でないのもさておき…。

ドットが黄色いのも見て分かると思います。
フィルター自体も後期のものに比べて相当長いです。


これでコンディションが完璧だと嬉しいんですが、どうしてこうケチがつくのでしょうか…?
ボウルの底に謎の金属が埋め込まれてます。
こいつのせいで座らないですww もうバカバカww

なんでこんなもんが打って(正確にはネジ込まれて)いるのかは不明。
焦がして穴が開いたのを塞いだのかなー、と思いましたがその形跡もなく。
一応問題なく吸えるのでいいや、という事で。にしてもよくわからん。
(それともcuttyっぽくしたかったとか…?まさかねー?)







スタンプ部分のアップ
[KBBクローバー]
imperial(script)
YELLO-BOLE

反対側には
3070B
底面には
ALGERIAN BRUYÉRE

先に初期タイプ、と書いた理由がもう一つ。
CURED WITH REAL HONEYやUS.REG.PAT.OFF.の表記がありません。
恐らく商標登録する以前のものなのでしょう。

となるとALGERIAN BRUYÉRE表記のKWDやY-Bは初期のもの、って事に
なると思うんですが、実際そんな話しも聞いた事がある気もするし…。

投げっぱなしで申し訳ないのですが、自分にしても興味深い資料です。
あ、あとこれすげーうまいwww
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。