yello-bole... kaywoodie... etc //vintage American pipe collection.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Yello-Bole 2707
Large billiard/sandblast



Yello-boleには少数ですがサンドブラストのパイプがあります。
意外と玉数が少ないのかはたまた運がないのか、ようやく一本目。
カタチは大きめのビリヤード。とはいえ小さくないだけで普通のビリヤード。



ロゴのアップから。
スタンダードグレード、なのでイエローサークルも大きめです。
状態が良かったのでステムもピカピカ。綺麗なもんです。



リップのアップを一枚。
珍しくリップが直線ではなく湾曲しております。
舌が当たった時のスムースさを狙っての事なのでしょうか?
他にこうなったのは見た事ないです。ちょっと珍しい。








ボウルのブラストのアップ。
Kaywoodieで言うとThornというよりもRelief Grainに近いブラストパターン。
Thornはもっとブラストがノッペリしてて(あまり適切でない表現)、使い込むと
角が落ちて使用感が出る感じ、と自分では思ってるんですが、
これは木目のうねりが比較的はっきり見えるブラスト。
細い木目がまるで白地図の等高線みたいに走るグレインはKaywoodieや
Yello-Bole独特のものな気がします。





ステムを外したところ。これもフィルター付きでした。
特記する事は特になし。
そういえばテノンが金属じゃないなー。



スタンプのアップ
[KBBクローバー]
YELLO-BOLE
ALGERIAN BRUYÉRE

2707

スタンプは非常にシンプル。
大きいロゴのYELLO-BOLE表記ですがHONEY CURED BRIARの表記はなく、
代わりにALGERIAN BRUYÉREの表記。
スムース/ブラストで表記の変遷が違うのでしょうか?
追いかけてみたいところですが、サンプル数が少ないのが玉に傷。

あと、お味。
お味なんですが何となく薄い気がしてあんまり手が伸びない一本。
やっぱりスムース/ブラストって味が違うのかな?気のせいかな?
キレイだし使いやすいんですけどね。もうちょっと吸ってみるかな。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。