yello-bole... kaywoodie... etc //vintage American pipe collection.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



DUNHILL SHELL LB
Large size billiard heavy shank
いわゆるLetter Shapeと呼ばれる、シェイプナンバーではなくアルファベットが用いられたもの。
戦前のダブルパテント(DUNHILLが米国内で取得した2つの特許番号が記載されてる)のもので
年代判定も分かりやすく、非常に人気があるモデルです。



77ドル。
下衆な話しですがお金の話しからします。ebayで競り合った結果77ドルで落札しました。

これだけのコレクティブルなアイテムが格安で落ちると言う事はそれなりの理由がありまして
ボウルにクラックが入ってました。
しかし逆に言えば、例えばリペアショップに依頼してクラックを補修して100ドルかかったと
しても、それでも日本円で20000円程度な訳です。20000円って言ったらちょっとしたハンド
メイドパイプだと入門モデルしか買えない値段な訳じゃないですか?
それがこのブラスト。そしてステインの現存状態。もうピカピカだしすげーかっこいい。

まぁそんなに頻繁に出てくるものではないですが、逆に言えば年に1~2本は出てくるので
戦前のダンヒルは伝説のもので、ちょっと手が出ないという認識は改めてもいいのかもしれない。
いや、改めて下さい。確かに瑕疵はありますがちゃんと吸えるパイプは手に入ります。

現に自分は手に入れました。これから細かい詳しい話しはさせて頂きます。
もうね、書きたい事は多過ぎて。




という事でボウル部分のアップ。
今回ボウルのクラック及び酸化したステム等のリペアは、YOBのoldbriars氏に依頼。

依頼、というか「こんなパイプを手に入れたよ」という話しをしたらレストアを進んで
買って出てくれたので。おんぶにだっこで甘えてしまいました。

この場を借りて改めてお礼を述べさせて頂きます。
どうもありがとうございました。

上写真の中央手前、下写真の左手前側にクラックが入っており、一部はボウル内部にまで
達していたそうです。これをシェラックニス+灰とシェラック等を混ぜた保護材で埋めて
頂きました。

このブラスト、なにかに似てるなーと思ったら
アーモンドクラッシュポッキーでしたww
ナッツをまぶして上からチョコをかけたアイスとかでもいいですww
もうね、その位ゴツゴツ。ガリガリ。
だからこそヒビが入ってしまったのでしょうね。うーん…。難しいな。


ほら。似てね?




写り込みする程ピカピカに磨かれたステム。
ピアノブラックという言葉がふさわしいですな。

象牙が埋め込まれてるらしいホワイトスポットは微妙にミルキーホワイトでして、
それも雰囲気抜群。ステムも真っすぐでリップの開口部も広く取られてます。
ステムとの境目が痩せないように微妙に残して磨く匠の技。こうやるんですね。
真似したいものです。

リップのエッジが少し無くなっていたのですが、そこもヤスリでエッジを出してくれたそうです。
すごいよOB氏。いやマジでヤバいww





ホワイトスポットが微妙に右にオフセットしてるなーと思ってたのですが、
煙道も微妙に右にずれてる感じです。
しかしInner Tubeを通すべくしっかりと大きく開けられた煙道といい素晴らしい出来。





LB 7
DUNHILL'S "SHELL" MADE IN ENGLAND
PATENT Nos1130806/15&1341418/20 6(underlined)

REG,No
654x3x

シェイプレターLBの後ろに打たれている7はInner Tubeのサイズを表しているそうです。

1130806はDUNHILLのInner Tubeに関する特許、 1341418はオイルキュアに関する特許番号。
二種類のパテントナンバーが打たれたものは通称「ダブルパテント」と呼ばれており1926-34年
まで使われてました。アンダーラインの6なので1926年製で確定。
シャンク裏に打たれてるレジストナンバーはバフアウトされやすいため、現存してるものは
少ないのですがそこの部分はしっかり残して頂きました。感謝。
目視だと一部薄くて判別しにくいのですが、Reg,No 654638と打たれているのでしょう。


パイプの黄金期、って1930年代だったんじゃないか?と思っているんです。
40年代になると戦争が始まっちゃうしその後は紙巻きの方が市場のシェアが大きくなるし
古い良い木が手に入る、世界的にも景気の良かった1930年代がパイプ市場が一番成熟した
時期だったのでは、と思うんです。

それと、DUNHILLの創設者アルフレッドダンヒルがダンヒル社にいたのは1928年まで
だそうです。となるとこのパイプは創設者がいた最後の時代、しかしパイプが成熟期を迎える
前夜に作られたパイプなのでは…?微妙にずれた煙道を見るとそんな事を考えてしまいます。

クラックを塞いだ部分が生乾きの為、まだ吸えませんが、そんな思いを馳せられるのは
とても素敵だなと思います。新年明けて始めて手にするにはあまりにも強烈すぎますが。
盆と正月が一辺にキタ気分でしょうか?

しかしパイプっていいなーと改めて感じさせてくれる一本です。

本年もよろしくお願い致します。




####追記(01/02)####
寝て起きたらシェラックがカッチカチになっていたのでもうたまらずOldGowireを詰めて喫煙。

ああ。そうだこの味だ。
shellってこんな味だった。

shell-freak氏、という方がおります。パイプのオフ会をきっかけに仲良くさせて頂いてる
DUNHILL SHELL LBばかりを集めてらっしゃる方です。s-f氏のコレクションをオフ会で吸わせて
頂いた事があるのですが、その時と同じ味です。
抑揚が利いてて香りが立ち、上に甘さがぐぐっと来る味。最初吸うと煙がクールなので
味がないのでは?とすら思うのですが、落ち着いてくるとどんどん味が出てくる。

やっぱりうまい。shellうまい。
憧れだったこの味が遂に自分の元に来ました。

ただ、DUNHILLはやっぱりスロースターターな感じがします。本調子じゃない。
まだ自分の手に馴染んできてないし、日本の空気にも馴染んでない感じ。
お前もっとうまくなるだろう?きっと。
カーボンをつけてボウル内部を強化しないといけないので、ゆっくりと時間をかけて
ブレークインをしないとです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。