yello-bole... kaywoodie... etc //vintage American pipe collection.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



kaywoodie cigalette holder

正式名称は不明。kaywoodie製のシガレットホルダー。
実はもう手元にはなく、友人にプレゼントしてしまいました。

たまには紙巻きタバコを吸ったりします。
紙の燃える味がしてやっぱりパイプとは違うなーと思ったりしますが、出先で喫煙したい時は
やっぱり便利。普通に友達と呑みに行ったりした時にパイプ吸ってみると、会話のテンポと
パイプスモーキングが妙に噛み合なくてやきもきしたり。

でもそんな時に使うか、と言われたらやっぱり使わないんだよなーwww
その後帰宅して余った紙巻きを吸う時にシガレットホルダーを使ったりします。
両切りピースなんかを挿して燃えるがままにまかせて10分位くわえてるのが好きです。
(たまに灰を落とし忘れて大変な事になるのだけ注意!!)
紙巻きもゆっくり吸うと甘くておいしい。



ステムの根元にはパイプと同じようにクローバーマークが入っております。



中にはインナーチューブみたいのが入ってました。
恐らく1920年代に制作されたものなのでしょう。ヤニ止め効果の程は不明。

不明、というか届いた当初はインナーチューブも中で保持されてたのですが、
中に溜まってたヤニをキレイに掃除したら下向けるとチューブが落ちる様になってしまいww
使えないので金属の棒だけうちにありますwwww



リップのアップ。
再初期のkaywoodie(シェイプナンバーが#42ではじまる4桁のもの)と同じセミオリフィックの
リップ。小さいですがくわえやすく、エアフローもスムース。



スタンプのアップ
[KBBクローバー]
KAYWOODIE
これも#42シリーズ(写真でしか見た事ないが)と共通のスタンプ。
クローバーもKB&Bの大きなデザインのもの。パイプに比べると随分と小さいですが。

KBB社製のシガレットホルダーは何本か持っております。
DRINKLESSスティンガー付きのものでpushstemのもの、ねじ式になってるもの。
刻印もY-Bのイエローサークルのものもクローバーのものももっております。

何本か吸い比べてみてやはりこれが一番うまかったのでこれをあげました。
セミオリフィックなんでエアフローがいいんですよね。木の質もいい感じがします。
こんな短いブライヤーでもやはり味がちがうようで、後年のどうでもよさそうな木を
使ったホルダーはやっぱり吸ってもあんまりおいしくない。
意外と違うものだなと感心したりして。

これをあげた彼は学生時代随分と世話になった友人で、
共通の友人の結婚式で久しぶりに顔を合わせる機会があり、結婚式前の顔合わせの時に
ショットガンのシガレットホルダーを使っていたのでまぁもう少しいいものを
あげたら喜んでくれるだろうかと思い購入。

受け取った本人はしきりに「これ長げぇwwww」と喜んでおりましたが。
ショットガンのヤニ止めとはちょっと意図が違うものだからなぁ。気に入ってもらえただろうか。



こんな革ケースから出してエコーを挿して吸ってくれてるんだと思います。
いいものですので大事にしてやってください。
スポンサーサイト


OLD ENGLAND 729
Liverpool shape(Lancashire)

sasieniのセカンドブランドOLD ENGLANDのリバプール。
これはセカンドなので入ってませんが、本来のファーストラインのサシエニ(FourDotとか)には
TOWN NAMEという、英国のそれぞれの都市名が入ってまして。リパプールシェイプなので
これもLiverpoolなのかと思ったら(そういうパイプも実際あります)こちらはLancashire。

ランカシャースタイルレスリングと4000もの小さい穴が
見つかったとビートルズが歌った事で有名なランカシャー。(俺の独断と偏見による)

うちにあるパイプでも一番使用頻度が高いパイプ。エースで4番です。


このパイプは本当に思い出が一杯でして。
ちゃんと手元に戻って来たのでちゃんとアップしてやらないと思いまして
これを書いております。本当に書くと長い。

だいたい2年位前にBriarBluesのmikeさんから買いまして。ebayで。
だれーも値をつけてなくて10ドル位で落ちたんです。ウヒヒやったーと思いながら
手に入れたら見た目はキレイ。ナチュラルじゃなくて色が入ってて、目立つ傷もない。



一カ所難をつけるとしたら、スタンプが消えかかってた事。
ステムが変色気味なのはよく使ってるからです。ええすみません汚くて。

で、外見キレイだからとタバコを詰めて吸ってみたら、どーにもラムの匂い。
何を吸ってもラムの匂いがして全然うまくないの。なんだこりゃーと思って。



フイッシュテールリップが幅広で銜えやすく外見キレイ。
Livepoolの違いはここなのかしら?

んで、外見はキレイだから中もキレイにしてくれてる筈だし、それにしては匂いが取れない
おかしいなーと思って吸ってたけどどうにも味は変わらない。ステムにモールを通しても
特に汚れてる様子はない。
んーあれー?と思ってしばらく使ってなかったのですが、ある時出して思い立ってシャンクを
掃除してみたら、まぁ出てくるわ出てくるわタールの山。

もうね、なにも信じなくなったね。あれから。
買ったらとりあえず掃除はしようと心に誓った。

で、シャンクを掃除してみたんですがそれでもまだ匂いが取れない。
また吸わない期間があって、しばらくしてからアルコールレトルト(A/R)が
極小的にブームになって。それだったら匂いが取れるかもと思って直ぐに買って
数回A/Rで念入りに掃除してようやく匂いは取れた。ああよかった。

ね、ボウルもキレイでしょ?


ところがこのパイプまだ難癖ありましてww
綺麗になったんですが肝心の味がおいしくないwww

sasieniがうまい、ってみんな言うけどちっともうまくないのよ。なんでだろ?

と思ってそれでもがんがって一生懸命吸って。とにかく吸って。
で、ある時A/Rをかけたら途端にうまくなった。

「ど…毒が裏返るっっっ!!」


って気分でしたよwwええww
それが多分半年くらい前。夏だったのは覚えてる。一昨年かも?あれ?

-----
sasieniってMarshallみたいな味だと思ってます。JCM2000とかじゃなくて
800とかそれ以前の古いマーシャルの感じ。
KBBはFenderのTwinReverb(リバーブ多め)だとして、Dunhillはvox辺りに置いといて
comoyはMESA BOOGIEのRectifier。

これギター弾かない人にはさっぱりですねwwサーセンwww

コクがばしっと来て、甘みもあってvaでもラタキアでも着香でも美味しく頂ける
バランスのいいオイルキュアのかかった味。素晴らしいですね。


リップは少し厚めですがしっかり噛める方が好きなのでこれ好みです。
厚い方が好きなのかもしれない。comoyとかも快適なんだけど噛んでるとなんか不安でね。




スタンプのアップ
OLD ENGLAND
LONDON MADE
729

OLD ENGLANDにはsasieni表記はありません。
シェイプナンバー29の頭に7がついてるのは古いものらしい。
これは前に紹介した#733と一緒。
つーかこれがうまいからもっとsasieniが欲しいと思って買ったのが733ですから。

埋めはボウルの底辺りに二カ所。
シェイプナンバーと一緒に見えると思います。



最後にもう一個思い出を。

昨日このパイプ、オフ会で落としましたwwww
タッパーから出した時にぽろりと落ちたらしい。
幸いお店にて見つかったので良かったですが、折れてたり他のお客さんが持って行ったり
してないかとひやひやものでした。大事なパイプですので慌てて取りに行きましたよええ。

いつもお出かけする時にはこのパイプだったけど、今度から他のにしよう。
大事にしてあげよう。いつもありがとう。今後共よろしく。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。