yello-bole... kaywoodie... etc //vintage American pipe collection.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rocky Briar #1789ss
mushroom short stem saddle bit

微妙に前傾したボウルがなんとも可愛らしい、マッシュルームシェイプ。




RockyBriarは4digit期、及び一部2digit期まで作られていた低級グレードのようだ。

当時莫大な量のブライヤーストックがあったKBBだが、フローがあったものは
RockyBriarやYello-Boleなどの低級グレードの製品に回していたと思われる。


このblogでメインに扱うYello-Boleは、「フローあり、埋めあり」のセカンドであるが、
RockyBriarは「フローあり、埋めなし」のようで、大きな傷が目立つものが多い。

わかるかな?

写真中央部に大きな傷が見える。
これさえなければとても素敵なのに。そしてこれがあるから注目もされず、
中古価格も安い。


スタンプのアップ
1789ss
[KBBクローバー]
RockyBriar
REG.US.PAT.No,298978

4digit期の前2桁はフィニッシュ等を表してるそうだが、
どうもブライヤーの等級も併せて記載している気がする。

恐らく

1000番台-RockyBirarが最も等級が低く
2000番台-Yello-Bole standard、
3000番台-Yello-Bole imperial、
4000番台-Yello-Bole Carburetorと来て
5000番台-drinkless kaywoodie

と以後kaywoodieラインになる。

こう並べてみると当時の価格が分からないRockyBriar意外は数字が大きくなる程
価格が高くなり、フローの有無やグレインも数字が大きくなるにつれてよりクオリティの
高いものになっていく。
(carburetorシリーズの方が手がかかっているので数字も大きくなってるようだ)

これは1940年代に入り、高品質のブライヤーの入手が難しくなった時代に
シェイプナンバーが2digit表記になった事と多いに関係していると思う。
つまり1930年代のブライヤークオリティを維持出来なくなり、等級別に分けて
ブライヤーを管理する事が難しくなったので、止むなくシェイプナンバーのみの
2digit表記に移行したのではないか?と考えているのだが…。はてさて。


ちなみにmushroomシェイプは1936年のカタログには記載されていない。
30年代後半~40年代頃から登場したシェイプである。
ちょうど4digitから2digitに移行する直前に作られたものであろう。

結果論だが、ショートステム、サドルビットにした事で、モダンパイプのような
雰囲気となっている。1930年代からこんなシェイプが存在していた事は驚きであり
またコレクトする者としては悦びを感じる。

全長が短く、銜えて保持するにはストレスを感じないが
ボウルの口径が大きく底が浅いので、ショートスモーク用になってしまうのが惜しい。
それでも見て楽しめ、味でも楽しめる素晴らしい一本である。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。