yello-bole... kaywoodie... etc //vintage American pipe collection.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Carburetorは1937年頃から製産されたモデル
ボウル底面に空気孔がついており、喫煙中に空気を取り込む事により
マイルドな喫味となる。筆者が好んで集めているLovatシェイプ。









ニアミントコンディションでの出品だったので、珍しく状態は良い。
Yello-Boleの名称の由来にもなるHoney Cured(蜂蜜がボウル内に塗られている)が
ほぼそのままの状態で残っている。底面に見えるのがcarburetor。


Carburetorを底面から見る。中央部分に孔が開いている。両隣の金属は補強らしいが
詳細は不明。



[KBBクローバー]
Carburetor
YELLO-BOLE
Patent No,2082106
CURED WITH REAL HONEY
の刻印のアップ。
Carburetorの特許番号No,2082106が側面に、及び商標登録と思われる
REG.US.PAT.OFF No,343,331が底面にスタンプされている
反対側には4504の刻印。

Push typeのステムに通称ショベル型と呼ばれるフィルターがついている。
最初期のYello-Bole(1940年代初め頃まで?)はテノン部分が金属で出来たものが
あるが、これは通常のテノン。フィルターはネジ込み式。状態はは非常に良い。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yellobole.blog103.fc2.com/tb.php/1-71fbb294
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。