yello-bole... kaywoodie... etc //vintage American pipe collection.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


CARBURETOER KAYWOODIE #8814
フルベントビリヤード


ベントのパイプ、というのは本数が少ないように思える。
以前はベントのパイプが好きだったのだが、中古でパイプを買う様になってから
自然とストレートのパイプが集まって来た。ベントは本数も少なく、根強いファンの
方々がいらっしゃる様でどうも値段も高くなる。(気がする)



真横からの写真。
かなり角度もついており全長もさほど長くないので、銜えると鼻先に煙が
上がって来るような感じがする。
やはりストレートに比べると銜えてるのが楽である。だらーっと銜えて本を読んだり
テレビを見たり、PCをいじるには最適な一本。


ボウル内部の写真。
キャブレターが見える。またボウルトップにも傷、欠けは多い。

正直言うとこのパイプ、安かった。しかも競争者がいないまま落札された。
PCをいじりながらパイプを銜える機会がぐっと増えたので、ながら吸いが出来る
ベントのパイプが欲しいなーと思って物色していたところたまたまこれを見かけ、
「ウォッチリストに追加するつもりで」最低価格で入札したところ無事購入出来た、
とそんなパイプである。




スタンプ部分のアップ
CARBURETOR
KAYWOODIE
US.PAT.2082106

IMPORTED BRIAR
8814

※一部ゴミがついて見苦しいですがご了承下さい…。

いわゆる4digit kaywoodie(4桁の番号がついたモデル)の中でも後期になると
IMPOTED BRIARの表記が多く使われているようだ。
これはcarburetor付きなので36年以降、40年頃までに製産されたものと思われる。
ちなみにDRINKLESS FILTERは根元より切り取られてしまっている。


(※US.PATENT.2082106が申請されたのが1936/4/21なので、Carburetorモデルの
パテントナンバー付きは少なくとも1936年以降の製産となる。)

状態が良くないとコレクターズアイテムとしては評価が下がるが喫味は別。
その形状から、煙が鼻先に近いところにあがって来るので香りよく煙草を
楽しめ、エアフローも良く、万一ジュースが溜まってもステムを外して
モールを通してやれば無問題。
多少の傷もへっちゃらである。普段使いには大変重宝する一本。
お気に入りである。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yellobole.blog103.fc2.com/tb.php/12-003839d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。