yello-bole... kaywoodie... etc //vintage American pipe collection.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


YELLO-BOLE 3617
Dublin shape/shank logo /ヴァルカナイトステム


という事で前回の続きです。
前回はアクリルの黄色いステムでしたが今回は黒いヴァルカナイト(エポナイト)のステム。
シャンクロゴのものです。シェイプは同じダブリン

基本事項のおさらいですが、Kaywoodie/Yello-Boleの4digit(4桁のナンバーが刻印されたもの)は
上2桁がグレードや仕様を表しており、下2桁はシェイプナンバーを表してます。
便利な一覧表はこちらとか。


ボウルのアップなんかから入りましょうか。
前回の#3617とは違い、ボウルに赤いステインが施されてます。
クロスグレインが見えたりするところを一枚。
トップにニスが塗ってあってピカピカと綺麗なのですが、これが剥がれてくるとどうにも
みっともなく情けなくなってしまいます。これは綺麗。

それとこの赤いトップカラーは結構脱色しやすいです。ラッカーが剥げてたりすると
色も落ちてたりします。



ステムのロゴのアップ。
#3617とは違い、ステムにもイエローサークルがあります。

例えば同じシャンクロゴでも自分の持ってる#3070Bなんかは、シャンクにサークルロゴが
ないです。同じシャンクロゴでもステムにロゴがあるのは比較的後年のもの(1930年代後半?)
ではないかと思ってます。



つづいてボウルの底の写真。
全体的に何となく黄色いのがわかると思います。
これが恐らく”Honey Cured”と言われるボウルを蜂蜜でコーティングした跡、なんだと
思います。結構綺麗に現存してます。

これも前回の#3617には見られない特徴。
ある程度使用されたボウルでも何か塗られた様な痕跡があったりするのですが、#3617には
見られませんでした。

となると疑問が残るのは、じゃあ何故Yello-Boleって名前なのか?? って事。
普通に考えると

ボウルに(黄色い)蜂蜜を塗る

リムに黄色いわっかが出来る

じゃあ名前もYello-Boleにして、ロゴも黄色いわっかにしようぜ!!

って流れだと思うんですが、それが見られないものがある。
可能性としてあるとしたら、このパイプの黄色いのは蜂蜜ではなく「黄色い塗料を混ぜた保護材」
で、それ以前はちゃんと蜂蜜を使ってるから使用すれば(若しくは経年劣化で)見えなくなってしまう、
って事くらいでして。これも推測なんですが。





フィルター部分のアップ。
フィルターは大きさ/長さ等で目立った変更点はなさそうです。

ただこの#3017は、テノンの内側にネジが切ってあります。#3617ではテノン部分の奥に
ネジが切ってありました。これが変更点かな。
こっちの方が作業は楽そうなきがします。や、何となく。






スタンプ部分のアップ
[KBBクローバー]
YELLO-BOLE
REG.US.PAT.OFF.
imperial(script)
CURED WITH REAL HONEY

反対側
3017

底面にはREAL BRUYÉRE

今までシャンクの中途半端な位置にイエローサークルがあるなーと思ってたんですが
#3617と比べてみて何となくその場所がつかめてきました。

この時期のものは「KBBクローバーの左脇」にロゴが打たれてます。

また、同じシャンクロゴでもこの時期になるとCURED WITH REAL HONEYの表記がつきます。
これも大きな変更点。REG.US.PAT.OFF.の文字も入るので、ちょうどこの前後で商標登録が
なされたのでしょう。と思ってます。
なのでその資料さえ見つかれば何となく製造時期が掴めそうなのですが…。

REAL BRUYÉREの表記についても不明。
これが一番よく分からないんだよね。製造ラインによってなのか、製造年によって違うのか、
原材料の仕入先が違うのか。そこがよく分かりません。
(※前回の『”ALGERIAN BRUYÉRE”表記は1935-36年に使われてるらしい』は、ebayのパイプ
セラーMR,缶氏のコメント欄に書いてあったものでした。その元ソースは不明。)

ただこの表記は後年になると”imported briar”という表記に統一されていくようです。
ここは要研究。
***
そして肝心の味ですが、#3617の方がうまい気がします…。正直あんまり面白くない味。
こっちは少し味が薄いような…。となるとやはり原料の産地が違うのでしょうか。

という感じで同じシェイプナンバーのパイプでもこれだけ違いがあるのです。
恐らく5年位しか製造時期が変わってないと思いますがかなり違う感じがします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Yello-Boleロゴの起源の考察、お見事で思わず唸ってしまいました。そうだよなー確かにリムだけ残して灰に染まれば黄色いワッカだよなー。

YB初期はプロペラロゴが使用されていることも信憑性を高くしているんじゃないでしょうか。最初はプロペラだったんだけども、このリムの黄色いワッカのほうがロゴに相応しいんじゃね?という変更かも。

さてY-Bに関する情報もかなり集積されてきたようなので、ここらで一発情報を整理して、Y-Bなるパイプの見取り図を作成しては如何?
2007/10/22(月) 14:54 | URL | oldbriars #SFo5/nok[ 編集]
>OB
ありがとうございます。
4digit付きのpremier、ってのを見た事ないので、もう少し資料が欲しいんですが、premierはstandardやimperialとはまた違う存在みたいなんですよね。
また資料が固まったらその事も書きたいと思うんですが。肝心のブツが見つからなくて…。


ロゴの考察、まああくまで想像なんですがww
でも普通に考えたらあんなじゃないかなーと思うんですけどねー。どうなんだろ?
2007/10/22(月) 21:01 | URL | vx #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yellobole.blog103.fc2.com/tb.php/26-813fb006
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクリルアクリル*アクリル樹脂。合成樹脂の一種。アクリル繊維。合成繊維の一種。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL
2007/10/22(月) 09:05:23 | クラフト材料の字引
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。